ページトップへ

情報公開について

監査報告書(令和2年度)

学校法人 大阪聖心学院
理事会・評議員会 御中

私たちは、学校法人大阪聖心学院の監事として、私立学校法第37条第3項及び寄附行為第16条に基づいて同学院の令和2年度(令和2年4月1日から令和3年3月31日まで)における業務及び財産の状況について、理事会その他重要会議に出席するほか、理事長から学校運営の報告を聴取し、重要書類を閲覧し、会計監査人から報告説明を受け、事業報告書及び計算書類等を調査いたしました。
監査の結果、私たちは、同学院の業務及び財産の状況に関して不正の行為又は法令若しくは寄附行為に違反する重大な事実は認められませんでした。
また、財務に関する計算書類は学校法人会計基準に準拠しており、学校法人大阪聖心学院の令和3年3月31日現在の財務状態及び同日をもって終了する会計年度の経営状況を適正に表示しているものと認めます。

令和3年5月24日
学校法人 大阪聖心学院 監事 田中哲夫 監事 山崎陽三

(注)監事 山崎陽三 及び 監事 田中哲夫 とも私立学校法第38条第5項に定める外部監事であります。

事業報告(令和2年度)
令和2年4月1日から令和3年3月31日まで

法人の概要

名称 学校法人 大阪聖心学院(昭和30年12月16日法人設立)
代表者 理事長 小林都代
住所 大阪府松原市一津屋6丁目12番5号
電話 072-336-9981
FAX 072-337-1021
設置する学校 星の光幼稚園(松原市一津屋6丁目12番5号)
新森幼稚園(大阪市旭区新森3丁目3番35号)
役員 理事 5名、監事 2名
評議員 11名
理事会 年2回開催
評議員会 年2回開催
職員 80名(星の光幼稚園 52名、新森幼稚園 28名)

事業の概要 <星の光幼稚園>

教育方針

物事を自ら考え創意工夫する力、心身のバランス、やさしい心を柱とする。

教育内容
  • 毎朝、お外に出て体操を行い、園庭で元気に遊び、お部屋の中では絵本を読んだり、製作をしたり、椅子にもしっかり座って保育します。子供ひとり一人の個性と能力を引き出すために年少組から全員ギルフォード式の英才教育を行い実績を上げています。遊びの中で楽しく学んでいく保育です。
  • 年中、年長さんには、特設保育という特別講師を迎えての正課保育時間内に一つのコースを選択する保育を設け、子供たちの意欲の向上に成果を上げています。(そろばん、剣道、絵画、鼓笛隊、日本太鼓、パソコン、受験)*無料
  • エスアイ遊び、ピラミーデの当園独自の知能教育を、ほめて育てるという園の保育方針にのっとってより発展させることができています。
  • アクティブラーニングの動画教材キャンディーキッズによって、考察力、協力すること、発表する勇気、他の意見に耳を傾けるなど新たな展開をせています。
  • 新型コロナ感染症予防のための対策をとり、府の指導に沿って、園児、保護者、教職員の安全安心を第一に行事などに一部変更を加えて対応しました。
保育時間

月~金曜日 午前10時00分~午後2時20分

納付金 満3歳児は3才に準じる
保育料(3歳児) 10月無償化後 10,000円/月
保育料(4・5歳児) 10月無償化後 6,000円/月
教材費 上記6,000円、10,000円に含む
バス後援会費 上記6,000円、10,000円に含む
冷暖房費 上記6,000円、10,000円に含む
入園児の費用
入園料(3歳児) 65,000円
入園料(4・5歳児) 55,000円
入園検定料 2,000円
早期保育

午前7時から

預かり保育

月~金曜日 午後2時30分~午後4時30分
夏期休業中を実施予定 午前10時00分~午後3時00分

行事

参観、社会見学、遠足、盆踊り大会、敬老会、運動会、秋の遠足(おいも掘・みかん狩り)、おゆうぎ会、クリスマス会、かるた大会、展覧会、お店屋さんごっこ他

施設設備関係(園地面積 6701㎡、運動場 3481.2㎡)

水路遊びセット、各種大型楽器、会合用の椅子等を購入し、備品類の安全点検・補修を実施しました。

事業報告

令和2年度の事業は、保護者の協力を得て役職員の真摯な努力により、着実に運営することができました。
新型コロナ感染症予防対策に関して、保護者並びに園児、教職員、また、各方面の多大なるご協力のもと、毎日を無事に過ごすことができて感謝しています。



自己評価(令和2年度)

星の光幼稚園 自己評価について
令和2年度
1. Plan(計画)

本年度も重点目標は小学校への接続を意識したアクティブラーニングの取り組みのさらなる充実であった。実物を遊びの中で学びが達成できるピラミーデ方式の具体的カリキュラムを更に発展させる。新型コロナ感染症対応の保育実施するための様々な工夫が必要となる。

2. Do(実行)

1の計画に沿って、カリキュラムを実行した。 具体的には、教員自身も子どもたちも意欲的に取り組めることに主力を置いた。

具体物、具体的事象を使ったプロジェクト教育を準備し、モンテッソーリの研修を受けて指導者資格を得た担当者による充実した指導を行なった。

新型コロナ対応については、教材の使いまわしを避け、個別の教材用意したり、ソーシャルディスタンスをとるなど緻密な計画のもとに実施し、クラスターなどが起きなかった。

子育て支援としての知能教育などの講演会や教員の研修をリモート教材の作成等により実施した。

3. Check(評価)

昨年度に引き続き、ピラミーデ教育の実施に伴い、具体物からの抽象思考並びに、幼児自身の積極的な発言や行動、自己肯定感を高める発言、新しいことにチャレンジする力が例年以上に高くなった。

また、キャンディーキッズという教育教材を用いて、園児の異年齢の相互教育(年長児が年少児のメンターとなる)など、向上させることにもチャレンジできた。コロナ禍の中でも、継続できることを工夫した。

新型コロナ感染予防のために、多くの展覧会が中止となる中で、受け入れてくれる展覧会を探してできる限り出品し、芸術教育に関しても、子どもたちの意欲が高まる工夫をした。よって評価はAとした。

4. Act(改善)

満三歳児は大人気でカリキュラムを年齢に応じたものに充実させた。その結果、月齢や成長でかなり個人差があるにもかかわらず相当な成長を促すことができた。今後は一層、園児一人ひとりに応じた、適時早期の教育を充実させていきたい。


令和2年度 教育目標と研究保育今後の課題
令和2年度 学校評価  自己評価公表シート

■本園の教育目標

『明るく、健康で、心身共にたくましく、自主的に且つ創意工夫する人間味豊かな人間像を目指し、幼児(初歩)の育成に当たる。』

1.本園では、教育方針として下記の項目を掲げています
  • 美しい情操、豊かな感情を養う。
  • 保育の全領域に心身の発達に即した思考教育を取り入れ、知的開発を行う。
  • 集団生活の中で、仲良く助け合える協調性を養う。
  • 一人一人の個性を大切にし、いつの時代にも柔軟に対応できる子を育てる。
2.本年度の重点課題(学校評価の具体的な目標や計画)

新型コロナという、未曽有のパンデミックの中で、如何に子どもたち、保護者、教職員が日常の生活を構築できるかを考える手探りの一年であった。
多くの断念せざるを得ないものがある中で、可能な限りの、行事や保育を実施した。何より、念頭にあったのは、命を守ることであった。
困難な状況の中でも、たくましく育ってくれた子どもたち、それを支えて下さった保護者、教職員の全員に感謝の意を表する。

3.評価項目の達成及び取り組み状況

(1)健康管理
新型コロナ感染拡大を防ぐことに最大限の努力をしたと同時に、徹底した衛生指導を行なった。また、免疫力を高めるために、食育では、赤黄緑のレンジャーというキャラクターを使って献立表を区分し、バランスのとれた食事に興味を持てるようにした。

学校関係者評価結果A

評価結果A

(2)安全対策
近年の水害や、地震など仕組みや被害の現状を知り、自ら対応できるよう指導を行った。

学校関係者評価結果A

評価結果A

(3)保護者の満足度の把握
連絡アプリを活用した迅速な対応や、リモートでの参観の放映などに対応して好評であった。

学校関係者評価結果A

評価結果A

(4)教育内容・方法
コロナ禍でも昨年度に引き続き、五領域を学びの柱としギルフォード、モンテッソーリ、ピラミーデなど実体験を重視し、暗記に頼らない本ものの学力をつけられるよう本物志向を徹底できる工夫を行った。

学校関係者評価結果A

評価結果A

(5)体験の重視
コロナ対応で、園の遠足やご家庭でも出かける機会が減ったりして、実際の体験ができないことが多かった一年であったが、教材や栽培、園の周りの自然環境などを生かして、体験することの重要性を大切に保育を行った。

学校関係者評価結果A

評価結果A

4.学校評価委員評価

ギルフォード SI 教育協会代表理事 白濱先生
「知能教育の土台は、今後成長していくに従い様々な知識を身に付けるための意欲を持てるようにモチベーションを育てることにある。今年度は研修はリモートとなったが、良く工夫して平素の通りの知能教育の成果が得られていたと考えます。
他の教育目標についても、コロナ禍の中で、良く工夫して実現されたと評価いたします。」

評価結果A

総合評価と反省
今年度も、各クラス担任が様々な領域で研究を重ね、研鑽を積んでまいりました。
研究内容は、文科省の5領域に加えて、ピラミーデを中心に、試行錯誤を楽しみながら学びへとつなげる遊びにコロナ対応の工夫を加えて、実践しました。
専門家の方々のご指導をリモートが中心となったが、今年も仰ぐことができました。
絵画では、二科展・井上 裕義先生、星の子アートクラブの今川先生など多くの先生方には、幸い直接のご指導を頂けました。
自園の教職員の努力と工夫で、コロナ対応の指導法が実施できたことに大変感謝しています。

5.次年度への課題

園児の自発性をより高めるアクティブラーニングの充実に加えて、プログラミング教育などに対応できるよう研究する必要があると考えています。
また、次年度も、ニーズの高まっている満3歳保育の一層の充実を図ります。

6.学校関係者評価

(1)N様 下記皆様からのメッセージ参照

評価結果A

7.財務状況(別紙監査報告書をご覧ください)

公認会計士監査により、適正に運営されていると認められている。



皆様からのメッセージ紹介

先輩からの応援メッセージ(卒園のお子様・お父様お母様ご活躍のお知らせお待ちしています!)